クレジットカードとカードローンとの金利の違いについて

クレジットカード,カードローン,借り換え

クレジットカードは、手持ちの現金がなくても買い物ができるという点では便利ですが、分割払いにすると金利が発生します。
カードローンではお金を借りることが出来ますが、こちらも借りたお金に対して金利が掛かり、利息を上乗せして返済しなければなりません。
クレジットカードを使って買い物をした場合と、カードローンがお金を借りて買い物をした時は、どちらが安く済むでしょう。

 

クレジットカードの場合

クレジットカードで買い物をした場合、2カ月払いや、一括払いでの返済を指定すると、手数料がかからないという前提になっています。
金利0%での融資を受けているようなものですので、カードローンよりも断然有利です。
クレジットカードでも、一括払いでは無く、リボ払いや分割払いで支払う場合については話が変わってきます。
分割払いでクレジットカードの支払いを行う場合は、7%~15%の金利から算出される利息が返済金に上乗せされます。

 

カードローンの場合

カードローンについては、限度額が1000万円になると年利が3%くらいまで下がりますが、それは現実的ではないでしょう。
大抵は、限度額100万円以下で利用している人が多いので、カードローンの融資を受けるという時は18%の借り入れになることが想定できます。
銀行系のカードローンを利用すれば金利は少し低くなりますが、それでも金利は14%くらいが一般的な数字だといいます。

 

以上の点を検討してみると、買い物目的に金融商品を利用するという場合は、カードローンよりクレジットカードが適しています。
一括払いや2ヶ月払いであれば、手数料がかかりませんし、何度でも使えるのが魅力です。
>現金を借りるのであれば、金利の低い銀行カードローンがお得になります。


簡単な審査で利用できるショッピングローン

クレジットカード,カードローン,借り換え

とても欲しい商品があるけれど、商品価格が高額である時は、ショッピングローンを利用すれば、現金が無くても手に入れることができます。
現金の持ち合わせが無い場合には、クレジットカードのように分割やボーナス払いができたらとても便利です。
けれども、欲しい物を見つけて、クレジットカードで買おうとしたのに、ショッピング枠の限度額が足りないということもあります。
ショッピングローンは、クレジットカードを使いたくても使えない状況にある時に役立ちます。
ボーナス一括払いや、翌月一括払いなどの方法を使うことで、クレジットカードを持っていない人でも高額な買い物ができます。

 

ショッピングローンの申込方法

ショッピングローンを利用できるようにするには、事前の申し込みと、審査をクリアすることです。
ショッピングローンは頭金が不要のローンで、月々の支払いも数千円からと利用しやすいのが大きな特徴です。

 

申込み時の審査も最短で3分程で済んでしまう場合もあり、土日にも審査が行われていますから、大変便利なサービスです。
金融会社が営業日以外でも、ローンの申し込みをして3分後には審査の結果がわかり、必要にお応じてお金が借りられたりもします。

 

最近は、ネットキャッシングから融資を受ける人も大勢います。
審査では、金融会社によって条件は異なっていますが、年齢や、職種、勤続年数など重視する部分は似ています。

 

審査で信用の程度を確認し、融資の条件を決めます。今まで返済を滞らせたことがなければ、信用のおける客だと認識されています。


ショッピングローンで人気商品を購入する

クレジットカード,カードローン,借り換え

今は現金が手元にないという人でも、ショッピングローンを活用すれば欲しい物を入手できます。
ショッピングはデパートやショッピングモールなどだけでなく、オンラインの通販ショップを利用する人々も増えています。

 

買い物をしていると、宝飾品や、ニューモデルのパソコン、掘り出し物の価値ある時計など、予算オーバーだけれどすごく欲しい物に巡り会ったりします。
クレジットカードや、ショッピングローンは、今はお金を持っていないという人でも、その場で商品を買うことが可能になります。

 

その場でお金を出して物を買うより、ショッピングローンや、クレジットカードを使ったほうが利便性が高いこともあります。
たまたま何かのきっかけでレアな商品を見つけたけれど、すぐに買わないと誰かに先に買われてしまうという時には、ショッピングローンや、クレジットカードを使えば、いち早く買ってしまうことが可能です。

 

クレジットカードを持っていない人でも、ショッピングローンなら買い物をするその場で手続きをすることができますので、欲しい品物をいち早く手に入れることが可能です。

 

事前に返済計画を立てましょう

分割払いにした場合には、定期的に返済を行っていく方法以外にも、ボーナス時期にある程度まとまった額を返済する方法も選択できます。
スムーズに返済ができるように、毎月の支払いに加えて、ボーナスではまとまった金額を支払うという形にすると、返済しやすくなります。

 

短期間で支払いをすれば、それだけ利息を少なく抑えることができます。結果的に、返済総額を減らすことが可能です。

 

金利が何%かは、各金融会社によって違います。事前に確認をして、おおよその利息額を把握しておくといいでしょう。
月々の返済が家計を圧迫することのないよう、事前に返済計画をはっきりさせてから、ショッピングローンを使いましょう。


カードローンはクレジットカードの借り換えにも使える

クレジットカード,カードローン,借り換え

クレジットカードは、ショッピングに使えるため、つい利用しすぎてしまうことがあります。

 

そして、リボ払いをしていると一向に債務が減りません。

 

一人で何枚もクレジットカードを持つのが一般的であるため、
人によっては債務が膨れ上がってしまいます。

 

そういった時に、債務をまとめる手段としてカードローンを借り換えに使用するのも
よく行われます。

 

カードローンに借り換えるメリット

 

カードローンは無目的ローンであるため、その使途は問われません。

 

したがって、借り換えに利用しても問題はありません。

 

借り換えをすることのメリットは、返済が一元化されるため、返し忘れるミスを防ぐことができる点にあります。

 

また、最低支払額が数社分だと、月々支払わなくてはならない金額が多きくなりすぎて負担となります。

 

カードローン一社分だけになれば楽に返していくことも可能です。

 

債務が減るスピードは遅くなりますが、余裕がある時に随時返済することもできるため、借り換えるメリットはあります。


[クレジットカードとカードローンを徹底比較]関連情報